気になるニキビもどれも同じように見えますが、やはり治療方法にも種類がありますので、自分の肌状態を確認しながら適した方法で効果的にケアをしていきましょう。

大きくは思春期の頃にできるものと、大人になってからできるものに大別されます。思春期のタイプは皮脂の過剰分泌である事が多いですが、大人になってからできるタイプはホルモンバランスが崩れて男性ホルモン優位になった状態のときにできやすくなります。それに、ニキビには初期段階から重度の段階に分ける事も出来ます。

初期段階のものは肉眼では確認し難いのでここで的確な治療は難しいですが、状態が悪くなっていくと、白や黒、赤や黄色という風に色が変わっていきます。炎症がかなり悪化してしまっている黄色や紫の状態でも放っておくと、跡ができてしまう事が多いので注意です。自分でニキビの種類がどれになるのか分からないという人もいるでしょう。

そういうときには自己流で治そうとするより病院にいって診察してもらって、どのようにケアをしていけばいいのかアドバイスをもらうのも一つの手です。普段の洗顔でも正しい方法を続けていけばしっかりと肌状態も清潔にして皮脂量などもコントロールが出来ます。病院であれば薬の処方もありますので、それも併用していけばより早くなおしていく事が出来ますので、困った時には気軽に相談をしましょう。早めの治療をする事で、ニキビも早く綺麗に治るようになっていきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *