どんなに紫外線に気を付けていても気づいたらポツリとできてしまうシミ。

毎朝のメイクで鏡を見た時など、気になってしまうものです。そんなできてしまったシミ、治療する方法はあるのでしょうか。そもそもシミがなぜできるのかというと、紫外線を浴びることによって肌を守ろうとメラニン色素が生成され、そのメラニンが何かの要因によって肌に色素沈着をしてしまった結果できてしまいます。要因はさまざまです。

紫外線の浴びすぎであったり、肌トラブルのせいで肌のターンオーバーがしっかりとなされなかったり、ストレスなどもその要因としてあげられます。できてしまったものを消すには、このメラニンを肌から取り除く必要があります。治療法は大きく分けて二つあります。一つ目は、自力で徐々に薄くしていく方法。

根気と時間が必要になってくる方法です。やり方としては肌の代謝をアップさせること、美白化粧品を取り入れること、ビタミン類などを積極的に摂取することです。メラニンというものは通常は肌のターンオーバーによって排出されるものです。そのため、肌の代謝を高め、ターンオーバーを促すことは大事なことでしょう。

美白化粧品はその成分にメラニンの排出を促すものが入っているものを選びましょう。また、ビタミン類はシミに効果的だと言われています。ビタミンを多く含む緑黄色野菜やフルーツを積極的に摂るようにしましょう。二つ目の治療法として、レーザー治療があります。コストはかかりますが、治療とあわせてしっかりケアを施せばシミを消すのには一番有効な手段といえます。
新宿のクリニックでシミ治療のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *