ダンボール箱で一般的なフレキソ凸版印刷

ダンボール箱

ダンボール箱のフレキソ凸版印刷は低コスト

段ボール箱で一般的なのがフレキソ凸版印刷で、樹脂ハンコを使い版に弾性があるので凹凸があっても綺麗に出来ます。比較的低コストで色の濃淡は小さい点の集まりで表現し、インクの色は1色でも点の密度を変えれば色々なデザインを表現できます。細かい文字からべタ塗りまで対応しますが、初回注文では版代金がかかります。例えばロゴや文字だけでも版代金は必要で、これはパソコンのプリンターのように手軽ではなく版画のように樹脂を加工して作成するためです。

1度作成したら依頼した会社が保管してくれ2回目以降はかかりません。また、一度作成すると拡大や縮小は不可で、版画なので一度作った版のサイズ変更できないのでサイズはそのままです。ダンボール箱のフレキソ凸版印刷は繊細な色は難しいダンボール箱で多いフレキソ凸版印刷は、使えるインクは基本的に2色まででカラフルなロゴやグラデーションなどは使えません。影やエンボスなど複雑な形状も表現出来ないので、別な方法を選ぶ必要があります。

仕上がりが上手く出来るかは依頼した会社に相談することで、デザインデータを送ってくれます。使うインクは水性で2色以上だとずれが生じることがあり、絵の具に近いイメージですが雨に濡れて滲むような弱いものではありません。ただ水性なので色が重なる部分が境界線が上手く表現できず綺麗にならず、例えば赤と青の交わりで重なると紫っぽくなるので出来るだけ重ならないようなデザインがいいです。また、制作してからロゴや文字などのサイズや位置・内容を変えると修正費用がかかります。

92ダンボール箱の印刷のことならこちら

コメント