ダンボール箱に使用される印刷方法

ダンボール箱

ダンボール箱に使用される印刷方法には種類がある

ダンボール箱への印刷には様々な種類があり、印刷方法によっては使用されている技術も異なるためそれぞれの違いを把握しておく必要があります。ダンボールへのプリントの代表的な方法として挙げられるのが、フレキソタイプやシルク印刷、オフセットタイプに箔押しタイプなどがあり、それぞれに特徴や強みがあるので、用途に応じて適切な印刷を選択することが大切です。メジャーな方法の一つとして挙げられるのがフレキソタイプで、ゴム版や樹脂板といった弾力のある版に水性インキを使用してプリントをします。このタイプの特徴は主に版に弾性があるので、ダンボールなど表面が滑らかではない紙へ適正があることや、生産性が高い、体への害が少ない水性インキが使用されていたり、用いるインキ量を抑えることが可能といったものがあります。

耐候性と紫外線に強いダンボール箱の印刷方法ダンボール箱の種類によっては屋外に長時間置いておく必要がある場合も出てくるため、印字された部分が紫外線によって劣化してしまう場合があります。こういった場合に高い耐候性と紫外線に強いプリントを希望する場合には、シルクタイプが効果的だと注目されています。シルクタイプはシルク版と呼ばれる大小の穴が空いている版に、インクを伸ばし入れる方法でありこの方法でプリントすればより綺麗な色味を実現することが可能です。シルクタイプは耐候性と紫外線の強さが特徴の一つですが、他のタイプとの違いとしてゴールドメタリックなどの色味を際立たせる表現することができますが、版代が高めなのでかかる費用が高くなりがちなことも特徴です。

コメント