ダンボール箱の印刷の種類と効果

ダンボール箱

ダンボール箱のオフセットと箔押し印刷

ダンボール箱にはいくつかの印刷方法がありますが、オフセットは凹凸がない平たい版を使った方法で最初に厚紙などへ行ってからハンコのように直接インクで印刷します。フルカラー対応で版代も安く大量印刷に向いてます。フルカラーが可能なので写真など繊細な内容に適していて版代も安くてスピードが速く、大量生産するときにコストも抑えられます。インクの厚みは薄いので耐候性は低く、平滑な紙に向いていてカード印刷でよく使われてます。

箔押しは金属製の鋳造版を使い金や銀などメタリック色などを熱と圧力で印字します。メタリック系や顔料系の鮮やかな文字などに最適ですが、大きな面積には不向きです。箔をプレスし行うので鮮やかで種類も金箔・銀箔のメタリック系、白箔やネイビー箔の顔料系など種類も多いです。ダンボール箱に印刷することで期待出来る効果ダンボールへ会社・店のロゴなどを印字することで、利用者は段ボールにも配慮しているといった印象を受けます。

会社や店への信頼感も高まって継続的な購買者の獲得にも繋がります。社名などの知名度アップにも期待出来て、商品を受け取った人・宅配の途中に見かけた人や配達員などに名前を印象づけられます。ギフトラッピングのような全面的に行ったり、インパクトがある写真やイラストも使えます。全面へ綺麗な写真などを施すことでギフトラッピングのような高級感も演出出来て、フルカラーの写真やイラストで装飾するとおしゃれでインパクトがある雰囲気も出せます。

クラフト色のままで単純に会社名を入れるだけよりも、色がついた華やかなデザインの方が目には止まります。

コメント