ダンボール箱の箱推し印刷など特徴と注意点

ダンボール箱

ダンボール箱の箔押しとシルク印刷の特徴

ダンボール箱の箔押し印刷は金属で作った凸版を熱してから、金や銀などの色を圧着させて転写します。黒・白・金・銀・ホログラムなどメタリックカラーも可能で、独特の凹凸・光沢のあるメタリックカラーは会社のロゴなどを入れるとカッコよいですが、大きな面積は出来ないのでワンポイントで目立たせたいときに最適です。比較的面積が狭いと安価で、熱圧着を使うので溶剤などは使いません。段ボールへ箔押しをすると筋が目立つこともあります。

シルク印刷は大小の穴が空いた版へへらでインクを伸ばして入れる方法で、昔は版がシルクで作られていたので今でもそれで呼ばれてます。隙間なくインク面を塗り潰したいときに向いていて、綺麗に面を塗ると刷った面へツヤが出て美しいです。ダンボール箱の印刷を依頼するときの注意点専門の会社に依頼する場合に、ロゴや社名など1つから2色で済むなら単色でも可能で、逆に写真のようにカラフルなものならフルカラーが向いてます。段ボールだと網点で濃淡を表現できるので単色でも深みがあるデザインにもなります。

気になる価格ですが内容や使う色の数で変わり、大体2万円からなことが多いです。版のサイズで金額も高くなりバーコードのように繊細なものだと価格も高くなります。版の大きさが小さくて面積も狭いときは2万円台、大きな箱で全面にする場合は10万円以上になることもあります。版は一度作れば2回目以降の注文ではかかりませんが、段ボールのサイズを変更するともう一度作らないといけないので注意です。

デジタルだと版は不要なので少部数ならこちらの方が良いですが、デジタルだと版を使った方法よりも割高です。

コメント