小型船舶免許はエンジンを搭載しているボートは全て必要、このようなイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。小型船舶免許は海だけで操縦ができるタイプと湖と川だけで操縦ができるタイプ、水上バイクの専用免許などの3種類があり、海で操縦できる小型船舶免許は1級と2級の2つの区分に分かれています。海で操縦できる小型船舶免許は、総トン数が20トン未満で長さ24メートル未満などの条件が付いているので、これを見る限りでは総トン数が20トン未満でエンジン付きなら免許が必要になるイメージにもなります。し化し、一定の条件を満たすことで免許がなくても操縦が許されるものも存在しています。

免許が要らない条件は、船外機の出力が2馬力以下でありボートの長さが3m未満です。また、この条件を満たすボートは船舶検査が不要などの特徴もありますが、船舶検査とは何か気になる人も多いのではないでしょうか。船舶検査は自動車の車検に相当するもので、船の検査を意味するもので船検などのように略されることも少なくありません。釣りなどで手漕ぎボートを使って沖合で海釣りを楽しむ人も多いけれども、このようなボートに2馬力以下の船外機を装備して釣りを楽しむ場合は免許が要らないことになるわけですが、沖合に出ることで様々なリスクが生じて来ることからも免許が不要でも海に対する知識やエンジンやボートに対する知識は欠かせないので、必ず取得してから利用することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です