海外のマリンリゾートに行くと必ず多くの人がオプショナルツアーを申し込みます。人気なのがイルカウォッチングやウミガメツアーといった野生の動物と触れ合えるものです。またさらにアクティブなツアーが好きな人は、バナナボートにシーウォーカーやジェットスキーにパラセーリングなどを選択します。こうした海のオプショナルツーは日本よりも海外の方が豊富であり、かけがえのない体験ができるんです。

ジェットスキーなどは会場をさっそうとツーリングでき、子のオプショナルツアーをきっかけにはまってしまう人が続出しています。日本のに帰ってきても日本の海でジェットスキーを操縦したいという衝動が止められず、小型船舶免許の取得を考える人も珍しくありません。では実際に小型船舶免許を取得するにはどうすればいいのか、非常にきになるところです。日本では水上バイク、ジェットスキーの操縦も小型船舶免許の取得が必須であり、指定された学校で学科と実技の講習を受けなければなりません。

ジェットスキーを操縦できるのは特殊小型船p0悪免許となり、特殊学科6時間、実技1.5時間を習得する必要があります。ただ指定の学校で所定のこうした講習を受ければ、国家試験免除で免許を交付してもらえるのです。ただし年齢制限があり、満16歳以上であることが必要絶対条件となってます。ジェットスキーの操縦の他、船の操縦も考えているのであれば1級もしくは2級の免許取得が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です