物事を成し遂げる場合、短く労働力をかけず結果を出す人がいる一方で、非常に時間がかかる人もいます。はっきり言えば、有能な人と言うのはあまり物事に時間をかけません。これは、生まれ持った才能などではなく、時間を意識しているからに過ぎないわけです。例えば、あと1時間で絶対に仕事を終わらせなければいけないと言う人と、何時間でも時間があるのでのんびりやると言う人では、確実に前者の方が早い時間で終わらせることができます。

もちろんできる人ならば、それなりのクオリティーがあるに違いありません。これに関しては、船舶免許取得の場合でも同様のことが言えるわけです。船舶免許といえども、遊びながらやっていて合格できるものではなく、割としっかりと勉強しなければ結果が出ません。それ故、船舶免許の勉強するとなれば、かなり集中して行うことが必要です。

合格率自体は8割以上と高いものの、もしかしたら自分は2割の中に入ってしまうと言う心配もあるかもしれません。そのような心配がなければ、緊張感を持つことができないため逆に、心配をしておいた方が良いといえます。ただあまり心配しすぎても仕方がありませんので、とにかく手を動かして勉強することが大事です。勉強に関しては、船舶免許の問題全てをやると言うよりも、とにかく短い時間で終わらせるには重要な問題だけを行うことです。

そして時間が余れば、次に重要な問題を行っていき、あまり出ない問題ははっきりって手をつけなくて良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です