船舶免許は船舶を操縦する事ができるものであり、学科教習と実技教習を受講した後試験を受験して合格することで取得できます。そのため自動車の運転免許と同じような仕組みとなっていると勘違いする人が多いのですが、様々な点で異なるため十分に注意をしなければなりません。その大きな特徴は、それぞれの種類が完全に独立していることです。自動車免許の場合には限定や下位の資格を上位の資格が包絡すると言う複雑な仕組みがあり、例えば普通自動車の免許を取得すれば原動機付き自転車や小型特殊を運転することができると言う制度がありますが、このような仕組みは船舶免許にはありません。

特に注意しなければならないのは、特殊小型船舶免許と呼ばれるものです。これは水上バイクやジェットスキーの操縦をするために必要な免許ですが、第一種や第二種の小型船舶免許を取得しても、水上バイクやジェットスキーの操縦を行うことができないものとなっています。自動車の運転免許の場合の小型特殊は耕運機などを運転することができるものですが、普通自動車免許を取得すれば運転できると言う点とは大きく異なります。船舶免許は船舶を利用して海上を航行するものであるため、陸上を走行する自動車とは全く異なる性質を持っています。

海には道路標識等がなく、またその範囲によって口腔する船の大きさなども異なることから、その状況は全く違うものとなっています。このような環境の中で安全に船舶を孝行するために、それぞれ独立し非常に厳しいものとなっているのが特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です