二級小型船舶免許は、沿岸から5海里と言う比較的狭い範囲で20トン未満の船舶を航行することができるものです。その上位には1級小型船舶免許があり、これは同じ20トン未満の船舶を距離無制限で航行することができるものとなっています。そのためこちらを取得する方が非常に有利と考えられており、2級を取得する人は非常に少ないと思われる面も多いのですが、実際には小型船舶免許を取得する人のほとんどが2級となっており、1級を取得する人は比較的少ないと言う実態あります。船舶免許は試験場で実技と学科の両方の試験を受験し合格することで取得することができますが、実際には実技の試験を受験する人はほとんどいません。

その理由は実技は簡単に習得することができるものではなく、実際に船舶を共感の下で自分で操縦しその操作方法や危険な場所に遭遇した場合などの実体験を経験することで、様々な操作方法と緊急時の対処方法などを学ぶことができるものです。これが利用できる場所が限られていることから、実際には教習所などで訓練をつまないと試験に合格することはできないのが実態です。2級の場合には5海里と言う制約があるのですが、マリンスポーツなどを楽しむ人にとってはこの距離は意外と長く、十分に海の自然を満喫することができるものとなっています。また同時に湖などで利用をすることも多く、この場合には湖の中であればどこにでも行くことができることから、利用する上で不自由を感じないことが少なくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です